HAYの作業場

日々の興味、日々の制作を記録しています°˖✧

子が反抗期だ、修行中です(ΦωΦ)ノ

小学生が言うことを聞かなくなる時期を
中間反抗期というそうです。

うちはいま、それみたいですʬʬʬ


親に対して乱暴な言葉を使ったり
家庭のルールを守らなかったりと
なんとも反抗的です(^▽^;)゚。
学校ではいい子にしている場合も多いようですね。


そして、気をつけようと思うのは、
親としての態度。


まあいろんなことをします。

言うことは聞かない、
言葉遣いは悪い、
食事に文句を言う。
片付けない。


やりなさい、と言われたら
嫌すぎて、
ぜったいやらない、ということらしくて。



まあ腹も立つし
怒りもぶつけたいです。


でもやめとく。

解決にならないからね...


感情を俯瞰して流す修行じゃ!


親業は修行ですなヾ(ΦωΦ)



憎たらしい態度が、

それが自我の芽生えで、
いま、大事な成長過程にあるんだと
俯瞰して見るようにする。

だってこんなワガママ、どう考えても甘えですもんね。


まだ甘えたいけど、自分の足で立てるようにもなりたい。


葛藤しているのがなんとなくわかります。


その証拠に、

一緒で外を歩いていると

手を繋ぎたそうなときがあるんです。


無意識で、幼ない頃のように

繋ぐこともある。


でも誰かに見られたら恥ずかしいし、

自分でも身体は大きくなっていて
手を繋がなくても危険ではないと分かっているし


だから、


意識としては、手は繋がないと決めている、みたいな感じですね。


まだまだ子供で、かわいいもんです。



相手をするのは面倒でやっかいなこともあります。


怒りに乗っ取られる時もありますね。


なかなか出来ないけれど、


そこで反射的に反応したり、
力の差を見せつけるように
やり込めたりしたら....


きっと子供は萎縮してしまう。


子供が根っこから
自己肯定感を持てるように


とにかくできるだけ過不足なく過剰になったりもせず


自分がしんどくならないように
コントロールを覚えて...、


ひとり対ひとりとして付き合っていこう...!


と、落ち着いた時には思うのでした。



ヒトを育てるのはなかなか大変な仕事です。

自分も育てられてます(^-^)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 閃き・インスピレーションへ
にほんブログ村